歯ぎしり・食いしばりの治療

保険治療のマウスピース

歯ぎしり・食いしばりには、保険治療で作製できる、マウスピース(スプリント)があります。

上あごの歯列に装着するタイプです。ただ、音がしなくなるだけで、歯ぎしりは止められません。

起床時のあごが楽になります。

保険治療の場合、3割負担で5,000円程度で作製できます。

通院期間は2回になります。


ショート・マウスピース

奥歯を接触させないマウスピースというものもあります。奥歯に歯が接触すると、ものすごい力が発生しますが、このマウスピースでは、力があまり入りません。今までのスプリントで、あまり効果が実感できない方にお勧めしております。

歯列によっては、作れない場合もあります。保険治療で作成でき、通院期間は2回になります。


ボツリヌス注射について

アメリカでは、一般的に「ボトックス」と呼ばれ、「しわ」をとるための治療に頻繁に行われている治療法です。歯科では、歯ぎしりを起こす筋肉に注射し、筋肉の働きを衰えさせ、歯ぎしりの力を軽減します。(筋肉が痩せることで小顔になります。)効果は半年間持続します。(妊婦の方、不妊治療中の方にはできません。)

自費治療で1回40,000円になります。