金属を白い材料に変えていく

注意!当院では、無理に保険外の自費治療をこちらからは勧めません。

患者さんのご希望があって、初めて白い材料を使った自費治療のご説明をいたします。

ですので、特にご希望がない場合は、保険による金属を使った治療を粛々と行わせていただきます。



銀色の金属を白く変えていく

保険治療では、詰め物、かぶせものは銀色の金属で治療されてきました。日本人の口の中は金属であふれています。外国の人にとっては不思議に思うそうです。銀色の金属を白く変えていきませんか?

タキザワデンタルクリニックでは、金属を白いものに変えていくためにいろいろなメニューを取り揃えております。少しでも多くの方に銀色の金属を白く変えていただきたいと考え、比較的安価な値段設定をしております。


大臼歯やブリッジは金属で?

保険治療では、一番奥の歯(大臼歯)や、真ん中に欠損がある場合、その前後の歯は削って3連結の金属製のブリッジにしなくてはいけません。全部銀色の冠です。

 

保険外治療では、少々値段は高くなりますが、白くすることができます。3本のブリッジなら、15万円(税別)から作成できます。


白い材料に取り換えるお手伝い

口の中から金属を見えなくして、気持ちよく笑えるようになりませんか?

もちろん、完全に金属を使わない(メタルフリー)治療もお手伝いできます。

一部、保険治療で金属を使わない白いかぶせものを被せることができるようになりました。(治療部位が限定されてますが…)